犬の椎間板ヘルニアの原因は?ミニチュアダックスなどが注意すべきこと

「椎間板ヘルニア」と聞くとつい人間だけの病気の事だと考えてがちですが、実は犬にも多く発症する病気でもあるのです。

椎間板ヘルニアとはどんな病気なのでしょうか?またどんなことに注意をしたら良いのでしょうか?

Sponsored Link

 

犬の椎間板ヘルニアの原因

椎間板とは、脊髄の間にあるゴムのような軟骨(椎間板)がショックの吸収・圧力の分散の役目をしています。

ヘルニアとは、臓器が通常の場所にない症状のことを指し、その症状が椎間板に現れるために「椎間板ヘルニア」と呼ばれています。

これは、犬の椎間板ヘルニアも人間と同じように痛みや、神経を圧迫することでしびれや麻痺などの症状がでます。

 

椎間板ヘルニアの原因として多くあげられるのは、

  1. 椎間板の老化。これは、関節の軟骨部が石灰化し、骨と骨の空間を狭くして弾力性が失われること
  2. 激しい運動。跳んだり体をねじったりすることなどにより、頭部や胴体の重みを支える脊髄や椎間板への負担が多くなることにより、損傷してしまうこと

の2点と言われています。

また、外からの力が加わることにより骨がもろくなることで椎間板内部の髄核が脊髄内に突き出し、圧迫して、痛みやしびれ・麻痺等の症状が出ます。

 

椎間板ヘルニアが起こりやすい犬種は?また、どんな症状がでたら危険と判断すればいいの?

大型犬から小型犬まで全ての犬種で「老犬」は注意が必要です。

しかし、老犬でなくても注意が必要な犬種もいます。

  • ダックスフント
  • コッカースパニエル
  • ペキニーズ
  • シーズー
  • 柴犬
  • パグ
  • ビーグル
  • プードル
  • ヨークシャーテリア
  • コーギー
  • ボクサー

など

特に日本で多く飼われている「ダックスフント」は、胴長短足の体型により椎間板ヘルニアになりやすいので注意が必要です。

動物病院に椎間板ヘルニアが原因で訪れる犬種のほとんどがこのダックスフントなのです。

Sponsored Link

 

では、どのような症状が出たら、危険と判断すればよいのでしょうか?

軽度であれば、運動を嫌がる、抱っこをすると鳴く、後ろ足がふらつくなどです。

運動を嫌う、抱っこを嫌がる場合は椎間板ヘルニアを疑い、早めに動物病院で診察を受けることをお勧めします。

ほおっておくと、立っていることが困難になってきて、悪化をすると最終的に立てなくなります。

痙攣、疼痛、苦しんだり、不眠状態になることも少なくありません。

次第に筋肉の強直がなくなり、麻痺による起立不能、歩行困難、そして糞尿の垂れ流しをする・・・。

このように段階を追って進行していく病気です。

 

また、重度になると「出血性脊髄軟化症」と呼ばれる「死」の病気に至る場合もあります。

統計上、椎間板ヘルニアを発症した約5%がこの病気に進行することが判っています。

この「出血性脊髄軟化症」とは、ヘルニアを起こした場所から神経が死に始め、徐々に麻痺が全身に広がっていく疾患です。

ちなみに、この原因は不明とのことです。

 

ダックスフンドの椎間板ヘルニアを予防するには?

全ての犬種において椎間板ヘルニアにならないためには、日ごろから

  1. 高いところからの飛び降り、飛び乗りをさせない。これは、腰や運動器官に過度に負担をかけないことが大切です。
  2. 肥満体にしない。美食は避け、運動不足にならないようにすることが大切です。

腰痛を防ぐ人間にも同じことが言えますね。(激しい運動や肥満体にならないなど)

なお、軽度の場合であれば、投薬治療で治すことも可能なので、愛犬の様子を観察して、いち早く異変に気付きましょう。

 

また、異変に気がついたらすぐにかかりつけの獣医さんに診てもらいましょうね。

何事も早め早めの対策が大切です。末永く飼い主さんと愛犬の生活が続きますように♪

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です